賃貸仲介業者の利益って仲介手数料と管理費だけだと思っていませんか。
決まらない物件で結構多いのが、契約金の高さです。

敷金や仲介手数料、火災保険、賃貸保証会社はともかく、「消毒料」という項目が入居者の見積もりに入っている場合があります。

消毒料とは?

消毒の作業は、不動産会社が専門業者へ依頼するケースが多いですが、数分~数十分で終わるような作業です。消毒料とは、その名の通り消毒液を使って、室内を消毒する費用になり、相場は1~2万円程度です。

消毒をすることによって、ゴキブリや小さな虫などを殺すことが出来きて、気持ち的にスッキリするというメリットがあります。

 なぜ消毒をするのか?

一番の理由は、賃貸仲介会社が儲ける為です。

仮に、お客さんから消毒料として15,000円を受け取ったとします。

不動産会社は専門業者に8,000円などで依頼し、差額の7,000円が利益となったりしています。

あるいは、自社で消毒を行い、入居者が決まった際に管理スタッフが水回り等の入居前の最終チェックに行く際に、何も利益を産まないので入居前チェックと合わせて利益を得ているケースです。

気持ち的にはスッキリしますが、効果的には正直”?”です。

ちなみに、入居者には消毒義務などはありませんので、一度、募集図面をチェックをした方が良いと思います(募集図面には記載がないこともありますが)。

消毒剤以外にも、24時間SOS緊急サポートなど、本来管理会社がやるべき業務を入居者に負担させるような場合もありますので、やっぱり募集図面を一度確認した方が良いかと思います。

 
jaJapanese
jaJapanese